【旅行】4泊5日韓国母娘旅行 2日目・ソウル市内 その1:明洞・シムスンタン(ブテチゲ) / 光化門 / 景福宮


4泊5日韓国母娘旅行 1日目・水原市内の続きです。

d0361484_15294506.jpg

2017年5月12日(金) 晴れ
ソウル特別市・中区 / 鐘路区 / 江西区
4泊5日韓国母娘旅行 2日目


明洞・シムスンタン(ブテチゲ)→光化門→景福宮→仁寺洞・サムジキル→北村韓屋村→三清洞・花開キル→水原駅・本粥&ビビンバカフェ


2日目は、午前中からソウル市内を観光。

韓国の原宿・《明洞(ミョンドン)》をぶらぶらして、
午後はチムジルバン(韓国のスーパー銭湯)に行ってゆっくりする予定だったけれど、
Cちゃんが、お風呂はあまり……とのことで、
急遽ソウル市内をあちこち観光することに。

明洞に着くと丁度昼食の時間だったので、
シムスンタンという話題のプデチゲ店でランチ。

2人前を頼んだら、4人前くらいの量が出てきましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

シムスンタンのイチオシは、
熱々のご飯にマーガリンと薄口醤油を混ぜて作る、セルフ・バターご飯
これが、シンプルな味付けのプデチゲととっても良く合う!
プデチゲ自体は、辛さ控えめ。

気が付くと、お店の中は満員に。
平日のランチタイムに、列ができるほど(それもほぼ韓国人)の人気っぷりでした。

昨夜の骨付きカルビに引き続き、
女3人でお腹がはち切れそうになるくらい食べたのに、
お会計で支払ったのは、なんとたったの19,000ウォン(@.@)
人気の秘訣はこの安さにあるのかも。
芸能人のサインもたくさん飾ってありました。

【シムスンタン・料金】
シムスンタン(プデチゲ) / 1人前:8,500ウォン
麺:1,000ウォン
ご飯:1,000ウォン


シムスンタンでのランチ後、明洞のコスメショップでお土産を買い、
ソウル市内の定番観光スポット、
光化門(クァンファムン)景福宮(キョンボックン)へ。

d0361484_15294612.jpg

景福宮に着いてすぐ、
午後2時からの王宮守門将交代儀式を観ることができました。
ツイてるー。

d0361484_16011183.jpg

時代劇で観るのとはまた違った雰囲気。

この日のソウル市内は、
修学旅行や校外学習中の学生で溢れ返っていました。
しかも、学生のほとんどがレンタルの韓服(ハンボク)を着用。

d0361484_15294635.jpg

韓国の伝統衣装です。かわいいーーー。
景福宮は、韓服(ハンボク)を着ると入場料が無料になるのです。

あえて女性用の韓服を着ている男の子なんかもいて、面白かった。
逆に、男性用の韓服を着ているおしゃれな女の子も。

こちらは、景福宮の正殿勤政殿(クンジョンジョン)

d0361484_15294788.jpg

国家の公式的な行事(主に王の即位式や外交官の接待)が開かれた場所だそう。

d0361484_15294780.jpg

時代劇でよく見るのが、勤政殿の前に広がるこの石畳。

d0361484_15294879.jpg

勤政殿の中は、置き物から天井までとても立派な造り。

中心には、時代劇の中でよく王が座っている椅子がありました。
すごい迫力。

そして、景福宮内で勤政殿にも負けぬ魅力を放っていたのがこちら、

d0361484_00360387.jpg

池に浮かぶ楼閣、慶会楼(キョンフェル)

d0361484_15294927.jpg

慶会楼は、国の祝事があったとき宴を催す際に使用された場所だそうです。

建物の中は電話予約でのみ観覧が可能となっており、
別途観覧料などは無いとのこと。

【景福宮・料金】
大人(外国人):1,500ウォン


こうして景福宮内をひと通り散策したあと、
次の観光スポット仁寺洞(インサドン)へ。
ここでは、なんと人気の韓流スター(なのか?)に遭遇Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


4泊5日韓国母娘旅行 2日目・ソウル市内 その2に続きます。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加中。
クリックよろしくお願いします。

[PR]
by e_mbijou77 | 2017-05-12 23:00 |   ├ ソウル | Comments(0)

韓国・安山(アンサン)在住葡萄のソウル近郊トレッキング&韓国国内旅行。


by 葡萄